三輪書店発行の月刊誌「地域リハビリテーション」

三輪書店発行の月刊誌「地域リハビリテーション」に、2018年1月号から12月号まで一年間『高次脳機能障害者のための脳機能アッププログラム』が連載されています。

毎回調布ドリームで実施しているプログラムが紹介され、それがどのように脳のリハビリに役立つのかという中島恵子先生(帝京平成大学大学院臨床心理学研究所教授)の詳しい解説がついています。ぜひご覧ください。

 

1月:編物・グッズメイク・料理教室

2月:パソコン

3月:絵を描こう・絵手紙・新聞アート

4月:ゲーム

5月:認知リハ・脳トレ・書道

6月:卓球

7月:音楽・カラオケ・ジャズピアノ・映画鑑賞

8月:囲碁・運営委員会・当事者会

9月:スポーツ吹矢・きんちゃんの体操・まりちゃんの体操

10月:夢市・BのSST

11月:犬用クッキー製造販売・受注作業

12月:地域イベント参加・ドリームサロン・旅行